「パクチー」を水耕栽培しています。上手く育てば、来春によだれ鶏のトッピングとして使えるかもしれないです

f:id:haruirosoleil:20211204205810j:plain
 以前に鳥料理として「よだれ鶏」と呼ばれる中華料理を作りました。この料理を簡単に説明すると、茹でてスライスした鳥肉に辛味と酸味の効いたソースを掛けたものです。その際、参考にしたレシピには荒く刻んだ香菜をトッピングする様にと書いてありました。

 香菜が何か分からなかったため調べると、パクチーであるとのことです。個人的にパクチーの風味はそれほど得意としていません。しかし少量であれば、確かによだれ鶏に合いそうです。そこでスーパーにパクチーを探しに行きましたが、土地柄か時期的な問題か売っていませんでした。代わりにパクチーの種を手に入れたので、こちらを育てて使いたいと思います。

 今回のパクチー栽培は土耕ではなく水耕で行います。秋に種を蒔くため、収穫は翌年の春となるでしょう。上手く育てば、それこそ食べ切れないほどが採れるはずです。よだれ鶏に自家製パクチーを乗せて食べられるか否か、早速栽培を始めましょう。

 

 

 

 

パクチーの種

f:id:haruirosoleil:20211204205847j:plain
 パクチーの種は直径3mmほどの球形をしています。種は香りがとても良く、オレンジの心地よい芳香がします。しかしなぜこの種から、あの独特の臭いがする葉に成長するのか不思議です。

 

栽培装置

f:id:haruirosoleil:20211204213526j:plain
 栽培装置はこの記事《「黒色ビニール袋」を使って遮光仕様の水耕栽培装置を作製。液温上昇と藻の増殖を防ぎます 》を参考にして組み立てました。

f:id:haruirosoleil:20210403182825j:plain
 追加した機能としては、お茶パックの底に穴を開けて化学繊維でできた布を通したことです。この布を通してカップ内の培地に液肥を供給します。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。栽培期間中は1週間に1度を目安に、液肥槽に入っている液体肥料の全交換を行います。

 

2021年11月7日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20211204213536j:plain
 パクチーの発芽率はあまり良くないらしいので、1カップあたり少し多めの5個を蒔きました。覆土は5mmほどとしています。

f:id:haruirosoleil:20211204213551j:plain
 種袋によると、種蒔き時期は9月中旬~10月下旬とのことです。今はこの期間から外れてしまっているので、栽培装置を不織布で覆って保温をしつつ、発芽するのを待ちます。

 

2021年11月16日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20211204213544j:plain
 種蒔きから10日ほどで発芽しました。種は1個につき2つの芽が出てるので、このカップでは、おそらく2個の種が発芽したのだと思います。本日を「発芽から0日目」として記録をしていきましょう。

 

2021年11月20日 1回目の間引き 発芽(発芽から4日目)

f:id:haruirosoleil:20211204213559j:plainf:id:haruirosoleil:20211204213601j:plain
 発芽も一段落しました。発芽率は7~8割で、思っていたよりも高かったです。開いた双葉が触れ合っていますので、1回目の間引きを行います。

f:id:haruirosoleil:20211204213603j:plain
 ハサミを使って成長の悪い株を切っていきます。切った株からは、ほんのりとパクチーの香りがします。

f:id:haruirosoleil:20211204213606j:plain
 これで間引きは終わりです。本葉が出てくるのを待ちましょう。

2021年12月4日 2回目の間引き(発芽から18日目)

f:id:haruirosoleil:20211205180433j:plainf:id:haruirosoleil:20211205180435j:plain
 12月になり、朝がかなり寒くなってきています。パクチーはゆっくりと成長しており、今は本葉が開いてきました。このタイミングで2回目の間引きを行います。

f:id:haruirosoleil:20211205180445j:plainf:id:haruirosoleil:20211205180449j:plain
 1カップにつき1株として作業の終了です。寒さのせいで成長は遅くなりますが、少量でも良いので年内に一度収穫をしたいものです。

 

2021年12月26日 成長中(発芽から40日目)

f:id:haruirosoleil:20211226211541j:plainf:id:haruirosoleil:20211226211543j:plain
 最高気温が10℃を切る日もありますが、どの株も枯れずに成長しています。

f:id:haruirosoleil:20211226211548j:plain
 冬の霜対策として、栽培装置全体を不織布で包んでいます。今のところ葉の霜焼けは起きていないので、効果があるのだと思います。

f:id:haruirosoleil:20211226211546j:plain
 さすがにこの株の大きさでは年内の収穫は難しそうです。来年に期待しましょう。