水耕栽培の液肥には「微粉ハイポネックス」がおすすめ。少量購入できるのも利点です

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 水耕栽培は土耕栽培と違い、根が液体に浸った状態で育てます。もちろんこの液体には、様々な成分を含んでいる「液体肥料」を使います。水道水だけでも育てられなくはないですが、成長が非常に遅くなったり、途中で力尽きて枯れてしまうことがあるでしょう。

 液体肥料は様々なメーカーから販売されています。その中で私は『微粉ハイポネックス』を使って野菜を育てています。今回はこの商品について紹介をしたいと思います。

 

 

 

f:id:haruirosoleil:20180728185837j:plain
 微粉ハイポネックスとは、株式会社ハイポネックスジャパンが販売している液体肥料の素です。微粉と名の付く通り、粉末状になっていることが特徴です。これを水に溶かすことで、液体肥料として使えるようになります。

 野菜が育つためには栄養分が必要です。主な成分としては、

 ・葉や茎を大きくする「窒素」
 ・花や実に作用する「リン酸」
 ・根などの成長させる「カリウム」

があります。これらは《肥料の三要素》と呼ばれ、商品によってその量に違いがあります。微粉ハイポネックスには窒素:リン酸:カリウムの割合が、6.5:6:19で入っているとのことです。

 しかし上記の成分だけでは植物は育てられません。その他に微量栄養素として鉄や銅、マンガンといった金属成分も必須なのです。

 例えばマンガンは光合成をするのに必要ですが、不足すると葉が黄色になり枯れ落ちてしまいます。微粉ハイポネックスにはこれらの微量成分も全て含まれているので、元気な野菜を育てることができるのです。

f:id:haruirosoleil:20180728185817j:plain
 箱の裏には液体肥料の作り方が書いてありますので、それに従って希釈倍率を決めます。水耕栽培の場合には1000倍にして使用します。つまり、粉1gを1Lの水に溶かせば完成です。

f:id:haruirosoleil:20190412205333j:plain
 親切なことに、箱の中には1gと2gが量り取れる計量スプーンが同梱されています。これを使えば規定の希釈倍率を簡単に作ることができます。

f:id:haruirosoleil:20190407202712j:plain
 液肥の粉はチャック付き袋に入っているのですが、量が少なくなると計量がやり難くなります。そこで私は蓋付きの容器に中身を入れ替えて使っています。こうすれば楽に取れるようになるので、オススメの方法です。

f:id:haruirosoleil:20190407202655j:plain
 微粉ハイポネックスは水とよく混ぜても、どうしても溶け残りが出てしまいます。これは単に水に溶けない成分なので、気にする必要はありません。メーカーのサイトでも書かれているように、そのまま栽培容器に入れてしまいましょう。

溶け残りについて

水にうすめた時に出る少量の残留物は、主にリンサン成分とカルシウム成分です。これらの成分は水では溶けませんが、根から出る酸や微生物の働きによって、ゆっくりと効く緩効性の肥料成分です。水と一緒ににごった状態で株元に与えると無駄なくお使いいただけます。

出典:株式会社ハイポネックスジャパン ウェブサイト
https://www.hyponex.co.jp/item/63/


 微粉ハイポネックスの価格は500gで約850円となっています。1000倍希釈で使うと、コストは1Lあたり約2円です。別メーカーが販売している液体肥料の素「ハイポニカ」を計算してみると、1Lあたり4円となります。夏は大量に液肥を消費するので、低コストである微粉ハイポネックスの方にメリットがあると言えます。

 もちろん安いからと言って、野菜の育ちが悪いわけではありません。春に種を蒔いた水菜は1ヶ月で収穫できましたし、夏には落花生まで育てられました。微粉ハイポネックスは、価格と品質のバランスが取れた良い液肥だと思います。

f:id:haruirosoleil:20180728185730j:plain
f:id:haruirosoleil:20180728185900j:plain
 ちなみに以前私が使っていた微粉ハイポネックスは、10年前に購入したものです。最初は「さすがに古いからダメかな…」と思ったのですが、意外と普通に育てることができました。箱の注意書きを読むと、特に有効期限はないそうです。つまりちゃんと保管しておけば、使い切るまでずっと使えるということです。

 他の商品にはない微粉ハイポネックスの良いところは、量を色々選べるところです。商品の充填量を調べたところ、

・100g(5g×20本) スティックタイプ
・120g
・200g
・500g
・1.5kg
・5kg
・22kg

の7種類がありました。

 ベランダでの水耕栽培では半年〜数年で使い切れる120~500gがおすすめです。1.5kgや5kgは大量栽培をしないと使い切れない量ですし、22kgに至っては一生をかけても無理かもしれません。

f:id:haruirosoleil:20180804095045j:plain
 最後に気を付けてほしいことがあります。「微粉ハイポネックス」と似たような名前の商品で『ハイポネックス原液』があります。この商品は土で育てている植物に栄養を与えるものなので、水耕栽培には向かないものです。水耕栽培の時は《微粉》ハイポネックスを購入しましょう。

 今回、水耕栽培の液体肥料として「微粉ハイポネックス」を紹介しました。この液肥で10種類ほどの野菜を育てましたが、全て立派なものが収穫できました。他メーカーの液体肥料も売られていますが、100gの少量から買えるのは、私の知る限りこの商品しかありません。

 微粉ハイポネックスは、初めて水耕栽培をする方に最も合う液体肥料だと思います。皆様もこの粉を使って、楽しい水耕栽培をしてみませんか?

 

とりあえず水耕栽培をしてみたい!という方には120gが良いでしょう。さらに少ない100gもありますが、5g×20袋の個別包装になってしまいます。そうなると一回に作る量が5Lに固定されてしまうので、できれば一袋に充填されている120gをオススメします。

 

100g(5g×20本) スティックタイプ
120g
200g
500g
1.5kg
5kg
・22kg
このように様々な充填料がありますが、1番ベストなのが500gです。ベランダで数種類の野菜を栽培していると、だいたい半年〜1年でこの量を使い切ります。また何故か1g当りの値段が500g入りが最も安いので、家庭菜園にはぴったりです。

 

水耕栽培で使う液肥には微粉ハイポネックスだけではなく、協和株式会社の「ハイポニカ」もあります。こちらは粉末ではなく、液体を水に混ぜて液肥をつくります。溶け残りがないので、より扱いやすくなっています。