5Lの容器で「ジャンボニンニク」を半水耕栽培。小さめの容器で大きく育つでしょうか?

f:id:haruirosoleil:20190908170804j:plain
 昨年の秋から今年の春にかけて、半水耕でニンニクを育てました(参考記事:ニンニクを半水耕栽培で育ててみます。土耕栽培よりも大きいものを収穫したいです)。収穫したニンニクの中にはスーパーで売っている様な大きさのもあり、栽培は大成功でした。

 そして時はたち、今年の秋になります。秋には何を植えようかな?と思ってホームセンターに行きました。2年続けてニンニクは面白みがないから、ジャガイモにしようかと考えながら歩いていると、棚に面白そうなニンニクを発見してしまったのです。その名も『ジャンボニンニク』です。袋の写真には握りこぶしサイズの巨大なニンニクが写っています。あまりにも異型すぎるニンニクだったので、好奇心に勝てず買ってしまいました。

 今回のニンニクもバーミキュライトを使った半水耕栽培をする予定です。しかし前回と異なるのは、プランターではなく5L容器を使ってみることです。その理由はプランターで育てると重く、移動するのに苦労したからです。5L容器ならば簡単に持ち運べますので、日当たりの良いところに移動したり、雨風を避けるために軒下に入れるなどが楽になるでしょう。ただ容量が少ないので、ちゃんとジャンボサイズになるのかが不安です。何はさておき、植え付けをしてみましょう。

 

 

 

 

ジャンボニンニクの鱗片

f:id:haruirosoleil:20190908162445j:plain
 ジャンボニンニクは巨大で、これが1つの鱗片です。重さは約84gと61gもあり、小さめのニンニクと同じくらいのサイズです。植え付ける鱗片が大きいほど、大きなニンニクに育つようです。
 今までニンニクニンニクと連呼していましたが、調べるとジャンボニンニクは「ニンニク」ではなく、「西洋ネギ」に近い野菜だそうです。若干騙された気分です。それはさておき、どんな味なのかは収穫してからのお楽しみです。

 

栽培容器

f:id:haruirosoleil:20190908162455j:plain
 栽培容器は、以下のようにして作りました。まず、5Lの容器の底に直径8mmほどの穴を8個開け、網を敷きました。ここにバーミキュライトを入れて栽培容器としました。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。半年間育てるので1Lあたり2円で作成できる、コストパフォーマンスに優れたこの液肥がおすすめです。 

 

2019年9月14日 植え付け

f:id:haruirosoleil:20190914154159j:plain
 栽培容器にバーミキュライトを半分ほど入れて、鱗片を置きます。

f:id:haruirosoleil:20190914154208j:plain
 そしてバーミキュライトを流し込み、深さ5cmくらいとなるように植えました。その後たっぷりと液肥を与え、発芽するのを待ちます。
 今回買った種袋には鱗片が2個入っていましたので、栽培容器も2つ用意して植え付けています。鱗片が巨大ですから、出てくる芽も巨大なのか気になるところです。

 

2019年9月28日 根が伸びてくる

f:id:haruirosoleil:20190928142050j:plain
 植え付けから2週間が経過し、やっと変化がありました。容器の底を見ると根が出てきています。こうなれば芽が出てくるのも時間の問題でしょう。

 

2019年10月5日 未だ芽が出ず

f:id:haruirosoleil:20191005211023j:plain
 発根したのですぐにでも芽が出てくると思いきや、全く動きはありません。しかし根は盛んに伸びています。もうしばらく待ちます。

 

2019年10月13日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20191013095504j:plain
 植え付けから1ヶ月がたった本日、やっと発芽してくれました。今日を「発芽0日目」として、200日を超えるかもしれない記録を付けていきます。
 地上に出てきた芽は、鱗片のサイズ通り大きいです。色はクリーム色で、まだ緑色ではないです。昨年育てた「ホワイト6片ニンニク」の芽は緑色でしたので、やはりネギに近い種なのですね。

 

2019年10月19日 指ほどに育つ(発芽から6日目)

f:id:haruirosoleil:20191019124459j:plain
 発芽から1週間が経過すると、指の長さを超えるほどになりました。今は2枚目の葉が出てきている途中です。このまま成長を見守りましょう。

 

2019年10月26日 チョウの産卵(発芽から13日目)

f:id:haruirosoleil:20191026121249j:plain
 小さかった2枚目の葉もだんだんと成長してきています。こうして見るとニンニクの芽っぽいですが、本当はネギの仲間です。

f:id:haruirosoleil:20191026121252j:plain
 ところで、チョウにとって活動しやすい気温になったのか、葉に卵が産み付けられていました。孵化してもこのジャンボニンニクの葉を食べるとも思えませんが、念のためティッシュで拭っておきました。
 最近は朝晩が涼しいを通り越して、寒いくらいとなっています。先日はとうとう車のヒートシーターを入れてしまったほどです。本格的な冬になると成長が滞りますので、この秋にできるだけ大きくなってほしいものです。

 

2019年11月2日 かなり成長(発芽から20日目)

f:id:haruirosoleil:20191102134155j:plainf:id:haruirosoleil:20191102134103j:plain
 棒みたいだった芽は、ここまで大きくなりました。最近の気温は15~25℃なので、この気温が一番成長するのかもしれません。

f:id:haruirosoleil:20191102134107j:plain
 現在の葉の枚数は5枚です。寒くなる前にもう少し増えそうですね。

 

2019年11月16日 指の太さほどの茎(発芽から34日目)

f:id:haruirosoleil:20191116193113j:plainf:id:haruirosoleil:20191116193120j:plain
 ジャンボにんにくは、前回よりも葉が横に葉が広がってきています。防虫ネットを掛けなくても虫が付かないので、育てるのがとても楽です。

f:id:haruirosoleil:20191116192448j:plain
 茎の太さは指ほどとなりました。あの巨大な鱗片ができるのですから、きっとさらに太くなるのでしょう。

 

2019年12月29日 葉が垂れる(発芽から77日目)

f:id:haruirosoleil:20191229162849j:plainf:id:haruirosoleil:20191229162851j:plain
 寒さが本格的になってきたのか、葉先が少し枯れてきています。また途中で折れ曲がっている葉も見受けられます。

f:id:haruirosoleil:20191229162855j:plain
 前回から1.5ヶ月が経過した割には、茎は太くなっていません。このまま春まで「待ち」になりそうです。

 

2020年1月25日 ちょっと成長(発芽から104日目)

f:id:haruirosoleil:20200128051405j:plainf:id:haruirosoleil:20200128051409j:plain
 前回の写真と比べると、中心にあるねじれた葉が成長しているのか分かりますね。

f:id:haruirosoleil:20200128051413j:plain
 寒さに当たったからか、葉の一部が赤っぽく変化しています。

f:id:haruirosoleil:20200128051418j:plain
 株元の太さは人差し指を超えてきました。
 試しにこの下を軽く掘ってみましたが、特に何も起きていませんでした。まだまだお休み中のようです。

 

2020年2月23日 目覚め(発芽から133日目)

f:id:haruirosoleil:20200223151018j:plainf:id:haruirosoleil:20200223151022j:plain
 今までほぼ動きのなかったジャンボニンニクですが、とうとう休眠から目覚めたようです。新しい葉が中心部から伸びてきています。

f:id:haruirosoleil:20200223151026j:plain
 茎も太くなり、現在指1.5本分ほどです。

f:id:haruirosoleil:20200223151029j:plain
 これだけ太いのだからもしかして…と思って再び株元を掘ってみました。しかしやはり球根になっている形跡はなく残念です。もう少し暖かくにならないとダメなようですね。

 

2020年3月15日 色が斑な葉(発芽から155日目)

f:id:haruirosoleil:20200315182924j:plain
 昨日、まさかのみぞれが降りました。しかしジャンボニンニクには全く影響がありません。強いものです。

f:id:haruirosoleil:20200315182927j:plain
 葉が濃い緑と薄い緑の斑になってきました。これから濃い緑一色に変化するのでしょうか?

 

2020年3月22日 液肥槽を増設(発芽から162日目)

f:id:haruirosoleil:20200322182002j:plain
 前回から7日が経過しました。しかし葉の斑模様はなくなる気配はありません。原因を調べていたところ、もしかしてこれは「栄養不足」で起きているのではないでしょうか?そこで新たに液肥槽を増設し、常に液肥が培地へ補給されるように改良します。
 栽培容器と同じ容器を用意し、この中に底上げ用の小型タッパーを入れて液肥を注ぎます。そしてジャンボニンニクを重ね、液面の位置を調整すれば作業完了です。この状態で来週まで待ち、葉の斑が改善するか確かめます。

 

2020年3月28日 斑は改善?(発芽から168日目)

f:id:haruirosoleil:20200329111325j:plainf:id:haruirosoleil:20200329111328j:plain
 ジャンボニンニクは病気や害虫などの被害はなく、普通に成長をしています。何となくパイナップルを連想させる佇まいです。

f:id:haruirosoleil:20200329111331j:plain
 株元はさらに太くなり、指2本分となりました。

f:id:haruirosoleil:20200329111335j:plain
 液肥槽を増設して1週間がたちました。葉の斑は少し減ったような、減っていないような…てっきり深緑になるかと思いきや、薄緑の部分が優勢になった気がします。もうしばらく様子を見ましょう。

 


鹿児島ジャンボにんにく 種用 1kg
《楽天市場での検索結果はこちら