トレイ栽培で「ホウレンソウ」の収穫に挑戦。失敗続きなので、今度こそ成功させたいです

f:id:haruirosoleil:20200815215220j:plain
 ホウレンソウは初心者向きの野菜だと思いますが、どうも私との相性が悪いです。最初の栽培ではネズミに大半をかじられ、2回目は成長不良、3回目は暑さで発芽が揃わず断念、と言った栽培歴です。ここまで失敗すると、意地でも自家製ホウレンソウを食べたくなります。

 今回の4回目では「サラダほうれんそう」をトレイ水耕栽培します。普通のホウレンソウは加熱して食べますが、この品種はアクが少なく、サラダにしても良いそうです。今思えばホウレンソウを生で食べたことがないので、どんな味なのか楽しみです。

 9月になりましたが、まだ30℃を超える日が多いです。しかししばらく経てば気温も下がると思うので、1番の山場は発芽となりそうです。それでは栽培を始めましょう。

 

 

 

 

ホウレンソウの品種

f:id:haruirosoleil:20200815215232j:plain
 育てるホウレンソウは生食ができる『サラダほうれんそう(品種:早緑)』になります。もちろんお浸しや炒め物にもできますので、使い勝手が良い野菜に育つはず…です。
 

アオムシ・イモムシ対策薬

f:id:haruirosoleil:20181014202615j:plain
 葉物野菜の天敵は葉を食害するアオムシ・イモムシです。そのためこれらの退治薬である「STゼンターリ顆粒水和剤」を定期的に散布していきます。希釈倍率は1000倍とし、葉に定着しやしいように展着剤(商品名:ダイン)を加えます。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

栽培場所

f:id:haruirosoleil:20200802202939j:plain
 9月になったとは言え、まだ日光が強い日があります。このような時は遮光率22%の寒冷紗を設置し、その内側に栽培装置を置きます。涼しくなってきたら寒冷紗は外す予定です。また栽培は南側のベランダに置いた4段の棚で行い、栽培装置を1日ごとに1段動かして日当たりを均一化させます。

 

2020年9月10日 種の低温処理

f:id:haruirosoleil:20200919211049j:plain
 ホウレンソウの発芽最適地温は20℃ほどです。しかし昼の気温はまだ30℃もあり、このままでは発芽しないでしょう。そこで冷蔵庫の中に入れて、発根を促すことにします。
 水道水で湿潤させたキッチンペーパーに種をばら撒き、冷蔵庫の野菜室に入れて低温に当てます。数日中に根が出てくると思いますので、それを培地に植えます。

 

2020年9月13~14日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20200919210655j:plainf:id:haruirosoleil:20200919210658j:plain
 種の発根が始まりました。13日の時点では全体の2割くらいから根が出ています。今回は発根した種を選んで培地に植えていきます。

f:id:haruirosoleil:20200919210703j:plain
 栽培装置はこの記事 《カブのトレイ栽培に挑戦中。水耕栽培を応用して土の代わりにバーミキュライトを使ってみます》を参考にして組み立てます。今回の栽培では72穴のプラグトレイを6×4に切って使います。

f:id:haruirosoleil:20200919210705j:plain
 液肥で湿潤させた培地に深さ0.5cmの穴を空けました。ここに種を1個ずつ入れ、覆土をします。本当は2〜3個を蒔きたかったのですが、低温処理をした種が思ったよりも少なかったので断念しました。栽培装置に液肥はまだ入れずに、屋外に置いて芽が出てくるのを待ちます。

 

2020年9月17日 発芽(発芽から0日目)

 半分ほどのセルから芽が出てきたので、本日を「発芽から0日目」として記録をします。肝心の発芽写真を撮るのを忘れていました…

 

2020年9月19日 本葉が出る(発芽から2日目)

f:id:haruirosoleil:20200919210039j:plain
f:id:haruirosoleil:20200919210044j:plain
 種蒔きから5日が経過し、発芽は一通り終わったようです。発根した種を23セルに蒔きましたが、その中で4セルは芽が出てきませんでした。今後は19株を育てていきます。

f:id:haruirosoleil:20200919210040j:plain
 中心部からは小さいながらも本葉が見えています。成長は意外と早いようですね。

 

2020年9月20日 栽培場所を移動(発芽から3日目)

f:id:haruirosoleil:20200920140148j:plainf:id:haruirosoleil:20200920140135j:plain
 以前、我が家の天井裏ではネズミが走り回っていました。少したつとベランダにも出没し、事もあろうに野菜を食い荒らし始めたのです。そのためトラップや毒餌を仕掛け、なんとか駆除することに成功しました。
 あれから約1年が経過した、本日の午前2時。ふと目覚めると壁の中からネズミの疾走音が聞こえてきたのです。おそらく新しい個体が、どこかから侵入してきたのでしょう。
 今のところ、育てている野菜に被害はないです。しかしベランダへのルートをいつ見つけてられてもおかしくありません。そこで毒餌「デスモアプロ」とトラップを設置しつつ、念のため栽培装置を1階の駐車場付近に移動させました。

f:id:haruirosoleil:20200920140132j:plain
 この場所は午前中に日が当たり、午後になると明るい日陰になります。ホウレンソウは半日陰でも育つので、きっと大丈夫でしょう。ベランダではネズミとの戦いが始まりそうです。

 

2020年9月27日 本葉が大きくなる(発芽から10日目)

f:id:haruirosoleil:20200929205821j:plain
 最初に出てきた本葉は成長し、幅が出てきました。

f:id:haruirosoleil:20200929211319j:plain
 中心部からは次の葉が出てきています。今のところ、順調な成長です。

 

2020年10月11日 ゆっくりと成長(発芽から28日目)

f:id:haruirosoleil:20201014051159j:plainf:id:haruirosoleil:20201014051202j:plain
 ホウレンソウはゆっくりと成長中です。現在が発芽から28日目なので、収穫まではもう少し時間が掛かりそうです。

f:id:haruirosoleil:20201014051204j:plain
 地上部の大きさの割には根の量が多いです。今後のペースアップに期待しましょう。

 


住友化学園芸 殺虫剤 STゼンターリ顆粒水和剤 20g
《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら

ゼンターリ顆粒水和剤はアオムシ対策におすすめの薬です。微生物から抽出した成分でできているので、化学農薬のように使用回数の制限がないことが特徴です。以前、何十匹というアオムシが付いた赤カブに使いましたが、1回で大半がいなくなりました。素晴らしい効果です。


住友化学園芸 展着剤 ダイン 100ml
《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら

展着剤とは植物への付着性や浸達性などを高め、薬の効果をより安定させる薬剤です。成分を簡単に説明すると、洗剤(界面活性剤)です。薬が雨で流れにくくなるので、私はできるだけ添加するようにしています。


サカタのタネ 実咲野菜3408 サラダほうれん草 ディンプル 00923408

《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら